Home » カジノ入門 » ライブブラックジャックについて

ライブブラックジャックについて

幸いにもその攻略法というのブラックジャックは還元率がとっても良いため、カジノ上級者達の中でも高い支持率があり、更に大人気のゲームです!ブラックジャックでは大きな勝利金を得られるチャンスも十分にあるため、とても刺激的なゲームであるとも言えるでしょう。 ブラックジャックはただ運が良いかどうかを試すだけのゲームではなく、どのような攻略法を使ってプレイをするかによっても結果が大きく変わってきます。 幸いにもその攻略法というのは、それほど難しいものではないんです。全てのルールを把握するのには、もちろん時間はかかりますが、ルールの数はそれほど多くはありません。 この記事ではブラックジャックをプレイする上で役立つかもしれない、いくつかの情報をお伝えしていきます。

ブラックジャックはテーブルによって、ルールが少しずつ異なりますが、下記にて最も一般的なブラックジャックのルールについて解説をしていきます。

サイドベット

ブラックジャックでプレイをする際には、フィールド上に4か所賭ける場所が存在します。そのうち、両サイドの場所がサイドベットと呼ばれる場所となります。
「パーフェクトペア」は、最大賭け金の25倍の勝利金を得るチャンスがあるため、大変人気のあるサイドベットです。これは、最初に自分に配られる二枚のカードがペアであることに対する賭けとなります。例えば、「ハートのK」と「クローバーのK」 など種類とカラーが違うが数字が同じ場合は賭け額の6倍。「ハートのK」と「ダイヤのK」など色が同じ場合には賭け額の12倍、「ハートのK」と「ハートのK」など全く同じカードだった場合には、なんと賭け額の25倍を獲得できます!- ブラックジャックは通常8デックが用いられることが多いですので、もちろんパーフェクトペアを獲得可能性は十分にあります。
21 + 3 もサイドベットと一つであり、運が良ければなんと賭け額の100倍の勝利金を得ることができることから、大きな賭けに出ることが好きなギャンブル上級者には人気があります。この「21 + 3 」は、最初に自分に配られた2枚のカードと、ディーラーに配られた最初の仰向けになっている1枚カードに対する賭けとなります。
下記のように、その3枚の組み合わせのパターンにより得られる勝利金額が異なります。
– Suited Trips(スーテッド・トリップ): もし3枚のカードが全て「ハートのK」のように、完璧に同じだった場合には100倍。
– Straight Flush(ストレート・フラッシュ): 例えば、「ハートJ」「ハートQ」「ハートK」のように、同じ種類のカードで数字が3つ並んだ状態の場合には40倍。
– Three of kind(スリーカード):「ハートK」「ダイヤK」「クローバーK」のように、種類は異なるが数字が同じ場合には30倍。
– Straight(ストレート): 「ハートJ」「ダイヤQ」「クローバーK」のように、種類は異なるが数字が並んだ場合には10倍。
– Flush(フラッシュ): 「ハート2」「ハート5」「ハートK」のように数字は異なるが、種類が同じ場合には5倍。

サイドベットは保険として賭けることができ魅力的ではありますが、還元率は96%と還元率はやや低めなので、そこまで重要な賭けではありません。

ベットビハインド

ベットビハインドは、テーブルが満席で座ることができないときや、他の人の持ち札に賭ける際に使います。これは、自分が選んだ人にすべてを任せることとなります。ですので、賭けを行うことはできても、もう一枚カードをヒットする等を決めることはできません。ここは全て、あなたが選んだ人に任せましょう。

ブラックジャックでの基本アクション

全てのプレイヤーへとカードが配られたら、早速プレイが始まります。そこで出てくる、それぞれのアクションを説明していきます。

– Double Down(ダブルダウン)→カードをあと一枚しか引かない代わりに、賭け額を倍にすることができます。
– Hit(ヒット)→ まだまだ「21」には届かないと感じたら、「ヒット」を選択することでカードを追加できます。
– Stand(スタンド)→ もし現時点で持っているカードに満足して、もうカードを引く必要はないと感じたら、「スタンド」を選ぶことで、ディーラーの番となります。
– Split(スプリット)→最初に配られた二枚のカードがペアだった場合、1つずつに分けて、2つのハンドとしてプレイを続けることができる。この際、最初に賭けた金額と同額をもう一つのハンドへと賭けることでプレイが続行できます。ディーラーは2つのハンドへそれぞれ、もう一枚ずつカードを配ります。
しかしながら、スプリットには注意点があり、もし最初に配られたカードが「A」で、そのあと「ブラックジャック」となった場合、通常の「ブラックジャック」扱いにはなりませんので、「ブラックジャック」としての配当金は得られません。

より良いブラックジャックプレイヤーになる為の10の戦略法

ブラックジャックは初心者だけではなく、上級者でさえ完璧なブラックジャック戦略法を知る人は少ないかと思います。ここでは絶対的なルールのみ紹介していきます。
1. ディーラーのカードが6以下の際に、自分の持ち札が2、3、6、7または9のペアだった場合には「スプリット」すべし!
2.Aか8のペアが出たらば、「スプリット」すべし!
3. もし10以上の数のカードを持っているならば、ディーラーがAまたは10を持っていない限り「ダブルダウン」すべし!
4. もしあなたの2枚のカードの合計数が11以下で、ディーラーがAを持っていない限り、「ダブルダウン」すべし!
5. もしあなたの合計数が11以下ならば、いつも「ヒット」を選ぶべし!
6. もしあなたの合計数が12から16の間で、ディーラーの数が7以上ならば「ヒット」すべし!
7. もしあなたたの合計数が、※ハードハンドで17以上ならばそれ以上のカードは引かないで「スタンド」すべし!
8. もしあなたの合計数が、※ソフトハンドで17以下ならば「ヒット」すべし!
9. もしあなたの合計数がソフトハンドの18で、ディーラーが6以下であった場合「ヒット」すべし!
10.10以上のカードでペアになったらば「スプリット」は選択せずに、「インシュランス」または、ソフトハンドで19ならば、「ヒット」すべし!
※ハードハンドとは、Aを1としか数えることのできない状態または、Aを持っていない状態。
※ソフトハンドとは、Aを持っていて1でも11でも好きな数にできる状態。

グッドラック!!!

ご意見をどうぞ!

1 1

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。* がついている欄は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

パスワードをお忘れですか?

Please enter your username or email address. You will receive a link to create a new password via email.